シアバターの非常に高い保湿力が魅力

保湿クリームなどのスキンケア商品に含まれていることが多いシアバターはどのようなスキンケア効果が期待できるものなのでしょうか。

シアバターはシアという植物に実るシアナッツという種子から採取できる脂肪分のことをいいます。
原産地であるアフリカでは牛乳からできるバターと同じように食用としても用いています。
昔から化粧品として使用されており、安心して使用できてスキンケア効果も高いことが証明されています。

シアバターのスキンケア効果としては、まず非常に高い保湿力を発揮することがあげられます。
主成分であるオレイン酸、ステアリン酸、リノール酸などの働きによってやさしくお肌の潤いを逃さない効果が期待できます。
特にオレイン酸は人間の皮脂にも多く含まれている成分であることから、肌なじみが良いことも特徴的です。

ステアリン酸は抗酸化作用があるとされている成分で、肌荒れなどを予防する働きが期待できます。
肌に余計な負担をかけずにしっかりと潤いを維持できることから、乾燥肌や敏感肌の方でも安心して使用できます。
シアバターは常温の状態では固形なので使いにくいのではないかと思われがちですが、人間の体温とほぼ同じくらいの融点であることから肌にのせるとスッと伸びてお肌に浸透していくのが大きな特徴です。他にも色々な美肌成分が含まれていることにも注目してください。
含まれている量としてはそんなに多いものではありませんが、ビタミンA、Eやアラントインも含まれています。

ビタミンAはお肌の生まれ変わりであるターンオーバーを促す働きや、ハリや弾力の維持に欠かせないコラーゲンの生成を促す働きが期待できます。
ビタミンEは抗酸化作用をもたらす成分で、シミの生成を抑制したり肌荒れを予防する効果が期待できます。

アラントインは肌荒れの予防や皮膚の再生を促す効果が期待できることから美肌成分としては非常に有効であるといわれている成分です。

お肌の保湿力を強化させるためには肌なじみの良い成分を使用することが大切です。
シアバターは天然由来であるため安心して使用できるとして多くの方が愛用しています。

毛穴に角栓がたまる原因は?

毛穴の悩みを抱えている人はかなりいて、性別に関係なく悩みを抱えている人は多くいるのです。
ただ、毛穴の悩みと一口にいっても悩みは人それぞれで、毛穴の開きが気になる人や毛穴の黒ずみが気になる人など色々です。
しかし、その悩みの根本的な原因が毛穴に詰まる角栓です。

毎日しっかり洗顔しているのにいつの間にか毛穴が詰まっている、角栓ができているという人は多くいます。
毛穴の詰まりを放っておくことは、毛穴の開きや黒ずみなどの毛穴のトラブルの原因となるので、きちんと毛穴ケアをしなければなりません。

毛穴に詰まっている角栓の正体は、皮脂と古くなった角質が混ざった物です。
毎日きれいに洗っていても、気がつけば毛穴に詰まっている角栓にガッカリしている人も少なくないでしょう。
しかし、すべての人がそういう状態というわけではなく、角栓ができやすい人とできにくい人がいます。

角栓の原因として考えられることはいくつかあります。
ひとつめの原因は皮脂が通常よりも多く分泌されていることです。
つまり脂性肌の人はそれだけ角栓ができやすいと言えます。しかし、その正反対とも言える肌の乾燥も毛穴が詰まる原因のひとつです。
肌が乾燥しているからこそ過剰に皮脂が分泌されているということもありますし、肌が乾燥していることで角質が硬く厚くなり毛穴を詰まらせるということもあるのです。角栓除去には泥・クレイが含まれる石鹸や洗顔料が効果的です。

また、メイク汚れが残っていることも角栓の原因です。
キレイにクレンジングしているつもりでも、毛穴の中に入り込んだメイク汚れは残っていることが多いのです。
最近の化粧品は技術が進歩して落ちにくいものが多いのでなおさらです。

角栓の原因である皮脂や角質は、メイク汚れやホコリなどと混ざり合い、毛穴にどんどん詰まっていきます。
ただし、角栓はそのほとんどが皮脂だと思っている人が多いと思いますが、実は角栓のほとんどはたんぱく質であるといいます。

いわゆる垢だと思って良いでしょう。
ですから、通常の洗顔ではなかなか落としにくいのです。

毛穴ケアに収れん化粧水は効果的?

収れん化粧水というのがあるのは知っているけど、実際に使っているのは普通の化粧水という方も多いのではないでしょうか。
美容雑誌の毛穴ケア特集などではよく取り上げられますが、化粧水というだけにあんまり効果がないというイメージがあるかもしれません。

化粧水と収れん化粧水、ネーミングは似ていますが、化粧水は肌にうるおいを与えて美容液の浸透を促進するのが主な役割となっています。
一方、収れん化粧水は皮脂の分泌を抑制するとともに、肌や毛穴をギュッと引き締めるということが役割になります。

毛穴ケアはいろいろな方法がありますし、毛穴の状態によってもケア方法を変える必要がありますが、どんなタイプのトラブルであっても引き締めることは重要なことです。

いくら黒ずみを綺麗に取っても、開きっぱなしのままではまた汚れが詰まってしまいますし、たるんでいるなら肌も一緒に引き締めなくてはいけません。
皮脂の分泌が多すぎるのであれば、それを抑えてあげないとどんどん開いてしまうので、とにかく引き締めは必要なことになります。収れん化粧水には収れん剤という成分が含まれていて、これが皮脂の分泌を抑制します。
またアルコールが多めに含まれているので、この効果によって肌や毛穴がギュッと引き締められます。
つまり毛穴トラブルの元となることを改善してくれるので、毛穴ケアに収れん化粧水は良いと言えるのですね。

ただし、どんな肌質でもたっぷり使って良いというものではなく、アルコールは蒸発する時に肌の水分も取り込んでしまうので、バリア機能が低下していて水分が蒸発しやすい状態の場合だと逆に乾燥肌になってしまいます。

もちろん乾燥肌や敏感肌のように、水分が慢性的に不足している状態のお肌に使うと、さらに水分不足を引き起こしてしまいますから、収れん化粧水を使う場合には肌の状態をしっかりチェックしてください。また毛穴ケアすることで可能な収れん化粧水はシミにも効果的なので、収れん作用のある化粧水の他に、美容液にも収れん作用があるとよいです。毛穴ケアの目的は色々な悩みの解消にも良いので、シミを薄くする毛穴ケアをしたい方も是非収れん化粧水や美容液などを使用してみるとよいでしょう。

乾燥していたり、しわやたるみなどが起こっているのであれば、まずはセラミドなどの保湿成分を補給して肌の状態を整えてから使うようにしましょう。

毛穴をケアしてニキビを予防するには、まず余分な油分を取るようにしましょう。

ニキビはオイリー肌に出来やすいので、予防するためには油分を取ることが一番大事と思っているかもしれません。
確かに、皮脂などの油分は毛穴に詰まりやすく、それが固まって角栓ができることでニキビ菌がそれを餌として繁殖してニキビが出来てしまいます。
ですから油分を取るというのはニキビ予防につながるのは間違いではありませんが、油分を取りすぎると肌の内部に蓄えられている水分が逃げていってしまいます。毛穴の中の汚れや普段取りきれなくて溜まってしまっている毛穴の角栓を除去していくというのが肌表面の脂分をとるのではなく、毛穴の汚れを優先的にとっていくことがアクネ菌を繁殖させないことにつながり、ニキビ予防になります。乾燥している肌はニキビが出来にくいと思われがちですが、実は乾燥した肌でもニキビはできてしまうのです。

ニキビを引き起こす根本的な原因は皮脂や汚れが毛穴に詰ってしまうということだけではなく、肌本来の機能が低下して、皮脂や老廃物を正常に排出できなくなっていることも挙げられます。

乾燥肌だと洗浄力が強い石鹸だとカサカサ乾燥してしまいやすいですし、毛穴ケアに最適なクレイ洗顔料でも肌がつっぱりやすい方もいるでしょう。ですので、ツッパリ感がなくなるように毛穴ケアに最適な泥やクレイなどが配合されている石鹸に化粧水などではバリア機能が低下しないようにセラミドなどが配合されていると肌表面だけの保湿ではないので、ベタベタ感もなく毛穴ケアや保湿に最適です。

保湿していくとニキビでも大人ニキビ予防につながるので、乾燥肌の方だと特に効果的です。乾燥肌になると水分量が不足してしまって、肌本来の役割である「排出器官」の働きが正常に稼働しなくなり、皮脂や汚れが毛穴の奥に詰まってニキビを引き起こすアクネ菌の温床となってしまうのです。

また、油分を取りすぎると肌のバリア機能も低下してしまうため、外部からの刺激を受けやすくなってしまい、そのダメージも肌の機能低下を招いてニキビやシミが出来やすい状態にしてしまいます。

バリアとなる機能なので、紫外線による影響も出やすく潜在的なシミが多くなりやすいです。エイジングケアという面で乾燥肌を解消していくことが、シミ予防にもつながっていきますから、シミを薄くする毛穴ケア用の美容液もしっかり使用して行きましょう。ですので、ニキビを予防するには油分を取ることよりも、肌の水分をしっかり保持して機能を衰えさせないために保湿をすることの方が重要になるのです。

肌のバリア機能を強化して水分を保持するためには、セラミドや保湿に関わる天然保湿因子、水分保持機能を高めるヒアルロン酸などの美容成分をたっぷり補給しましょう。

また、ヒアルロン酸が安定して存在できるようにコラーゲンを摂取したり、天然保湿因子の元となるアミノ酸を補うことも、乾燥肌を改善して刺激に負けない肌作りには欠かせません。

こういった成分をスキンケアで補充することで肌をきちんと保湿すれば、肌を外部の刺激から守ったり、水分を内部に溜め込むことが出来るようになり、肌の機能は回復してニキビができるのを確実に予防していくことができるのです。

活性酸素が肌に悪い理由

活性酸素というのは、酸素が変化してできる物質で、文字通り活性化した酸素のことです。
酸素は、人間の生命維持活動には欠かせないもの、ということは誰でも知っているでしょう。
酸素が必要なのは、体内で行われる生命維持のための活動すべてに関係しているからです。
例えば、人間が活動するにはエネルギーを使いますが、このエネルギーを発生させるためには細胞や分子同士の化学反応が必要です。
酸素は、この化学反応を効率よく行うために必要不可欠なのです。

そんな酸素が活性化したものが、どうして肌に悪い影響を与えるのか、と思う方もいるでしょう。
酸素には、化学反応をサポートするだけではなく、分子に結合するという性質があります。
ただ、結合できるルールの中で適合しない酸素の電子は、分子と結びつくことが出来ません。
その電子が強引に分子と結合しようとすることで生まれるのが活性酸素です。
この活性酸素は、分子と結びついて相手の電子を奪って酸化させてしまいます。
この酸化が、肌に悪い影響を与えるのです。肌が酸化すると、あらゆる老化症状が起こり始めます。
まず、細胞膜に含まれる不飽和脂肪酸が酸化すると、過酸化脂質という物質が生成されます。
この過酸化脂質は、肌細胞やその組織を破壊していきます。
肌細胞や組織が破壊されれば、肌の水分保持能力やハリを保つ働きが一気に低下します。
そのため、乾燥肌や敏感肌になったり、しわやたるみなどの老化肌が引き起こされてしまうのです。毛穴ケアに収れん化粧水は最適ですが、活性酸素で肌が老化しやすい場合にも毛穴ケアすることで代謝を促進させるからエイジングケアにもつながります。

また、活性酸素はリボフスチンという老化色素を作り出します。
これは、細胞の動きを止めてしまう色素で、肌のターンオーバーのサイクルが極端に乱れてしまいます。
新しい肌細胞の生成も遅くなるため、メラニン色素も沈着してしまうので、シミやくすみが出来てしまいます。

このように、活性酸素は細胞を破壊したり、分裂を止めてしまい、肌の老化をどんどん促進してしまうのです。
さらに、肌の生まれ変わりのために必要なターンオーバーまで乱してしまうので、肌に悪いと言われるのですね。

泥・クレイの汚れを吸着させて毛穴の汚れを洗い流す

石鹸や洗顔料の中には泥やクレイが含まれている商品が販売されています。特に毛穴ケアに最適なので、毛穴の角栓や黒ずみ・ニキビが気になる方に効果的と言えるでしょう。毛穴の汚れがスッキリすると
これらの商品のメリットとデメリットを考えてみましょう。

メリットとなるのはお肌に大きな負担を与えることなく毛穴に詰まった汚れを洗い流すことができるという点です。
泥やクレイが配合されている目的としては、汚れを吸着させて洗い流すという目的があります。
とても細かい粒子が毛穴の奥に入り込み、余分な皮脂や汚れを吸着させることができます。

ゴシゴシこすらなくてもしっかりと汚れを落としきることができるので肌に負担をかけることがありません。
また、泥やクレイに含まれている天然ミネラル成分がお肌の調子を整える効果も期待できます。毛穴の中の天然な殺菌効果にもつながってきます。そうすることでアクネ菌も繁殖しない清潔な毛穴が保てるので、ニキビ予防につながっていきます。まずは、クレイや泥の洗顔料で毛穴をケアしてニキビを予防するようにしましょう。洗いあがりも突っ張り感を感じにくく、しっとりとした仕上がりになりますので乾燥肌や敏感肌の方でも安心して使うことができるというメリットがあります。毛穴の汚れをしっかりと落とすことができるので美白効果も実感しやすく、洗顔後のお手入れをする際にも肌の中に浸透しやすいことを実感しやすいのが特徴です。毛穴の汚れが落ちると肌の代謝も促進しやすいので、シミも薄くなりやすく、ターンオーバーも加速しやすいので、紫外線によるメラニンによるシミが増えるのも予防できますし、バリア機能も低下しにくいので、良いメリットが非常に多いのが特徴的です。

デメリットとして考えられるのは配合されている成分によって使うことができない方がいることです。泥やクレイだけでなく、豆乳などのアレルギー反応を起こす可能性がある成分が含まれてる商品も存在しています。

仮に大豆アレルギーがある方は使用することができませんので注意が必要です。アレルギーの不安がある方はどんな商品であっても成分表示を必ず確認し、使用しても問題のない成分であるかを確かめてから使用するようにしてください。
肌の弱い方はアレルギーの有無に関わらず使用前にパッチテストを行なうようにしてください。

その他市販されている一般的な石鹸や洗顔料と比べてみると価格が高めに設定されていることが多いというデメリットもあります。
これは製造工程が全く異なることから同じ価値では比較しにくいものですが、肌質に合っていればコストパフォーマンスという点では決して高くないという声も多く聞かれますので、その方の価値観によって異なる判断だと思います。

キレイな肌を維持するために活躍してくれるのなら惜しみなく使えるという声も多いので、参考にしてください。代謝が高まるのでシミ予防にもつながってきますし、美容成分が浸透しやすくなるので、くすみのケアにも向いています。またシミがいま気になっている人も肌の代謝を上げてあげて、シミを薄くする成分が浸透しやすい肌を作っていきましょう。

ハイドロキノン配合の美容液でシミを薄くしよう

ハイドロキノンを使用することでシミを効率良く薄くさせる効果が期待できますが、場合によっては副作用のリスクを伴うことも忘れてはいけません。
市販されている低濃度の商品の場合はほとんど副作用のリスクはないと言われていますが、万が一異常を感じた場合は注意が必要です。
場合によっては肌の色が白く抜け落ちたようになる白斑の症状が見られたり、赤くなったりかぶれたりする可能性もあります。

使用中にこれらの症状が確認された場合はすぐに使用を中止して専門医の診察を受けるようにしてください。
ハイドロキノンは非常に酸化しやすい成分でもあるため、商品の保管方法には十分注意してください。
変色しているものは使用しないようにしましょう。

使用中に紫外線を浴びると炎症を引き起こしやすいため、できれば使用するのは夜間に限定するなどの工夫が必要です。美容液などには美白成分が多く配合されています。ハイドロキノンはクリームなどに配合されていることが多く、美容液ではアルブチンなど面でケアすることが多いので、シミ予防の成分が多いです。

正しい使い方を守って効率良くシミのケアを行なうようにしてください。化粧水などの基礎化粧品やメイク用品にはシミ予防に効果が期待できるという成分が含まれている商品もあります。
シミ予防効果があるということは、メラニン色素の生成を抑える効果が期待できることからシミ予防効果に繋がるということになります。

シミ予防効果が期待できる成分として配合されることが多いのはビタミンCです。
ビタミンCが私達の体にもたらす働きとして抗酸化作用などがあげられますが、メラニン生成を遅らせる作用があることに着目して化粧品に配合される場合が多いです。

ただしビタミンCそのものは吸収力が良くないため化粧品に配合される場合はビタミンC誘導体として吸収力を高めたものが配合される場合が多いです。
最近注目されているのは新型ビタミンC誘導体と呼ばれるAPPSです。
肌の奥へと浸透性を高め、真皮のコラーゲン生成を促す効果があるとしてシミの生成を抑制するだけでなく、色素沈着したしみについても薄くする効果が期待できると言われています。

私達の生活に身近な成分もシミ予防効果があるとして化粧品にふくまれる場合があります。
醤油や味噌などを作る際に必要となるコウジ酸はメラニン生成時に関わりのあるチロシナーゼという酵素の働きを抑制する効果が期待できます。
実際に醤油や味噌を製造する仕事に携わりコウジ酸に触れる機会が多い職人さんの手が白いことからもその効果がわかります。

コウジ酸は厚生労働省からも認可されている医薬部外品の有効成分としても知られています。
コケモモに含まれているアルブチンという成分もチロシナーゼの働きを抑制してシミを予防する効果があるといわれています。
アルブチンも医薬部外品の有効成分として認められた成分です。

この他にもルシノールやカモミラET、プラセンタエキス、トラネキサム酸、リノール酸S、ハイドロキノンなど様々な成分がシミ予防効果があると言われています。
必ず全ての方に効果が見られるというものではありませんが、使い続けることで何らかの変化が感じられる可能性が高いものです。

シミを薄くするのに効果的なハイドロキノン

シミを効率良く薄くするために効果的な成分として有名なのがハイドロキノンです。
非常に強力な美白効果があることから「肌の漂白剤」とも呼ばれるほどの効果が期待できる成分として知られています。
元々は珈琲や紅茶、イチゴなどにも含まれている成分で、写真の現像に使用されていたものでした。

写真の現像を行っている方の手が白くなってきたことから美白効果があることがわかり注目されるようになったという経緯があります。

ハイドロキノンに強力な美白効果があるとされる理由は、シミを作る原因となるメラニン色素の抑制する効果があるからです。
ビタミンCなども美白効果がある成分として知られていますが、シミを予防するためにメラニン色素の生成を抑えることができるものです。

ハイドロキノンの場合は既にできてしまったシミに対しても効果があることから、シミ対策の救世主として脚光を浴びています。またハイドロキノンの効果をより引き出してあげるために、毛穴ケアに良い泥・クレイが含まれる石鹸や洗顔料で毛穴の汚れをしっかりとってあげると肌の新陳代謝が向上するので、ハイドロキノンの化粧品などを使用している人には効果的でしょう。

かつては皮膚科医の診察を受けて処方される医薬品として使用するしかなかったのですが、現在では一定の濃度を保つことで市販の化粧品にも配合することが許可されており、様々な商品にハイドロキノンが配合されています。

また毛穴ケアを先にしたほうが良い場合は、やはり毛穴が開いていたり、たるんでいたりする場合もあるので、まず毛穴を引き締めるために効果が出やすい毛穴ケア化粧品ランキングなどの化粧品を使用してシミ対策の前に代謝自体を高めておくと良いでしょう。

M字ハゲにプロペシアは効果あるのか?

プロペシアはジヒドロテストステロンの生成を抑制する作用が認められている、AGA治療薬として使われる医薬品になります。
もともとは前立腺肥大症の薬として使われていたものですが、服用している患者さんに多毛症の副作用があったため、薄毛の改善に効果があると考えられて研究が進められました。
その結果、臨床データによって育毛の効果があることが分かり、現在ではジヒドロテストステロンが原因となる男性型脱毛症(AGA)の治療薬として使用されているのですね。
プロペシアの効果というのは、ジヒドロテストステロンに直接働くのではなく、このホルモンの生成に関わる5αリダクターゼという酵素の働きを阻害するというものです。
そのため積極的に育毛していく、というよりは、男性型脱毛症の進行を防いだり、現状維持をするという効果の方が高いと言えます。
ですので、M字ハゲにはあまり効果がないと思っている方も多いようです。

M字ハゲは、生活習慣も関係していますが、ジヒドロテストステロンもかなりの影響を与えています。
おでこの生え際は、5αリダクターゼが特に多いので、テストステロンという男性ホルモンと結合してジヒドロテストステロンも増えてしまいやすい環境です。
つまり男性型脱毛症の症状としてM字ハゲになってしまうこともあるため、プロペシアで治療をすれば当然効果を得ることができます。
確かに5αリダクターゼの働きを阻害してジヒドロテストステロンの生成を防ぐだけなので、最初は育毛という効果はあまり期待できません。
ですが使い続けていけば、ジヒドロテストステロンはどんどん減少していくので、髪の成長を邪魔するものがなくなります。

そうなれば毛根組織の働きが正常化されますから、結果的に髪の毛が生えていくので、結果的には育毛の効果も得ることが出来るようになるでしょう。
ただし、育毛効果が出るまでには時間がかかるということをきちんと理解して、最初は育毛できなくてもプロペシアをしっかり使い続けることが、効果を得るための重要なポイントと言えるのです。ミノキシジルとか配合されているシャンプーが海外のにはありますが、普段使用するシャンプーと少し分けて使用することで頭皮への負担も少なくて済むでしょう。特に男性ではなく女性の場合には時期的な面もあるので、やはり産後の頭皮ケアに必要な脱色剤と毛包漏斗部の短毛に良いシャンプー方法でもあるように産後の際はミノキシジルなど内分泌系に関係するサプリは控えた方が良いでしょう。M字ハゲにプロペシアのみが効果が出るかどうかはやはり発毛率も下がってきやすいので、他の方法も組み合わせるとよいです。