シミを薄くする美容液

シミを薄くするのに効果的なハイドロキノン

シミを効率良く薄くするために効果的な成分として有名なのがハイドロキノンです。
非常に強力な美白効果があることから「肌の漂白剤」とも呼ばれるほどの効果が期待できる成分として知られています。
元々は珈琲や紅茶、イチゴなどにも含まれている成分で、写真の現像に使用されていたものでした。

 

写真の現像を行っている方の手が白くなってきたことから美白効果があることがわかり注目されるようになったという経緯があります。

 

ハイドロキノンに強力な美白効果があるとされる理由は、シミを作る原因となるメラニン色素の抑制する効果があるからです。
ビタミンCなども美白効果がある成分として知られていますが、シミを予防するためにメラニン色素の生成を抑えることができるものです。

 

ハイドロキノンの場合は既にできてしまったシミに対しても効果があることから、シミ対策の救世主として脚光を浴びています。またハイドロキノンの効果をより引き出してあげるために、毛穴ケアに良い泥・クレイが含まれる石鹸や洗顔料で毛穴の汚れをしっかりとってあげると肌の新陳代謝が向上するので、ハイドロキノンの化粧品などを使用している人には効果的でしょう。

 

かつては皮膚科医の診察を受けて処方される医薬品として使用するしかなかったのですが、現在では一定の濃度を保つことで市販の化粧品にも配合することが許可されており、様々な商品にハイドロキノンが配合されています。

 

また毛穴ケアを先にしたほうが良い場合は、やはり毛穴が開いていたり、たるんでいたりする場合もあるので、まず毛穴を引き締めるために効果が出やすい毛穴ケア化粧品ランキングなどの化粧品を使用してシミ対策の前に代謝自体を高めておくと良いでしょう。

 

ハイドロキノン配合の美容液でシミを薄くしよう

ハイドロキノンを使用することでシミを効率良く薄くさせる効果が期待できますが、場合によっては副作用のリスクを伴うことも忘れてはいけません。
市販されている低濃度の商品の場合はほとんど副作用のリスクはないと言われていますが、万が一異常を感じた場合は注意が必要です。
場合によっては肌の色が白く抜け落ちたようになる白斑の症状が見られたり、赤くなったりかぶれたりする可能性もあります。

 

使用中にこれらの症状が確認された場合はすぐに使用を中止して専門医の診察を受けるようにしてください。
ハイドロキノンは非常に酸化しやすい成分でもあるため、商品の保管方法には十分注意してください。
変色しているものは使用しないようにしましょう。

 

使用中に紫外線を浴びると炎症を引き起こしやすいため、できれば使用するのは夜間に限定するなどの工夫が必要です。美容液などには美白成分が多く配合されています。ハイドロキノンはクリームなどに配合されていることが多く、美容液ではアルブチンなど面でケアすることが多いので、シミ予防の成分が多いです。

 

正しい使い方を守って効率良くシミのケアを行なうようにしてください。

シミ予防に効果的なビタミンC

化粧水などの基礎化粧品やメイク用品にはシミ予防に効果が期待できるという成分が含まれている商品もあります。
シミ予防効果があるということは、メラニン色素の生成を抑える効果が期待できることからシミ予防効果に繋がるということになります。

 

シミ予防効果が期待できる成分として配合されることが多いのはビタミンCです。
ビタミンCが私達の体にもたらす働きとして抗酸化作用などがあげられますが、メラニン生成を遅らせる作用があることに着目して化粧品に配合される場合が多いです。

 

ただしビタミンCそのものは吸収力が良くないため化粧品に配合される場合はビタミンC誘導体として吸収力を高めたものが配合される場合が多いです。
最近注目されているのは新型ビタミンC誘導体と呼ばれるAPPSです。
肌の奥へと浸透性を高め、真皮のコラーゲン生成を促す効果があるとしてシミの生成を抑制するだけでなく、色素沈着したしみについても薄くする効果が期待できると言われています。

 

私達の生活に身近な成分もシミ予防効果があるとして化粧品にふくまれる場合があります。
醤油や味噌などを作る際に必要となるコウジ酸はメラニン生成時に関わりのあるチロシナーゼという酵素の働きを抑制する効果が期待できます。
実際に醤油や味噌を製造する仕事に携わりコウジ酸に触れる機会が多い職人さんの手が白いことからもその効果がわかります。

 

コウジ酸は厚生労働省からも認可されている医薬部外品の有効成分としても知られています。
コケモモに含まれているアルブチンという成分もチロシナーゼの働きを抑制してシミを予防する効果があるといわれています。
アルブチンも医薬部外品の有効成分として認められた成分です。

 

この他にもルシノールやカモミラET、プラセンタエキス、トラネキサム酸、リノール酸S、ハイドロキノンなど様々な成分がシミ予防効果があると言われています。
必ず全ての方に効果が見られるというものではありませんが、使い続けることで何らかの変化が感じられる可能性が高いものです。